私共のお客さまで いつも「見習いたい」と思っている法人があります

「見習いたい」と思うのは「ことわる勇気」があるところです

商売をしていると 無理な注文や依頼はつきものとでもいえるものだと思います

そして私たちはお客さまのご要望に極力お答えしなければならないと一生懸命「無理」をします

それが仕事であるとも思っています

最初に上げた法人も好き嫌いをするとか

「しんどい」ことはやらない ということではもちろんありません

むしろ 非常にまじめに真摯に対応しておられて 

お客さまの注文よりもっと利口なよい方法や商品があれば 自社の利益がすくなくなっても提案して

お客さまに感謝されておられます

「ことわる勇気」というのは その注文を聞いて無理をした結果

かえってそれがお客さまの利益にならないとか 長期的にみてお客さまのためにならないと判断したときに

勇気をもってそれを言える(断れる)というところです

このように言葉にすると「当たり前」と思えますが

文字通り「この商品はおすすめできません」とか「無理な納期に間に合わそうとすると品質を保証しかねます」などとはっきりいってしまっては

お客さまの怒りをかうだけ ということになってしまいます

きっと お客さまとの間に強い信頼関係ができているからでしょうし 自社の製品に強い自信があるからこそのことだと思います

私とは業種も提供しているものも違いますが 強い自信と信頼関係のもと 本当にお客さまのためと思えれば

あえて苦言を呈する というようなことになっても 正面から向き合える

そんな仕事をしたいと いつも思います