最近 高齢者の自動車事故がニュースでよく取り上げられるようになったこともあってか

自動運転装置についてのニュースもよく目にするようになってきました

確かに、年をとると反応がにぶくなって ブレーキが遅れるというのは 否定できない現実ですし

高齢者ならずとも 運転に集中できなくて交通事故をおこしてしまったということもよくあります

皆がみんな集中して安全運転をしたとしても とっさの反応で事故は起こってしまうことがあるでしょう

だから

自動ブレーキがついていて 衝突が回避できる というのはありがたいことだと思いっています

しかし 自動運転となると??

広告などをみていると 行先をセットするだけで 誰もハンドルをもたなくても目的地まで行けるということです

それはそれで 文明の恩恵と言えないことはないと思います

また いろいろと障害があって運転に支障がある人にとっては朗報であるとも思います

でも

それほどまでにして自動運転の車にたよらないといけないのか と考えると

少し違和感を覚えます

また 全部の車が自動運転ならば それなりの秩序と協調が保てるでしょうが

今まで通りに運転する車と混在するとなると 無理な操作をする人が出てきて 

どこかでかえって混乱を引き起こす というようなことはないのかしら などとも想像します

自動車に限ったことではない問題なのでしょうが

コンピュータソフトの制御にたよった方が良いところと 人間でなければならないところを

どのように組み合わせることがベストか という問題でもあるでしょうし

車については 乗らないですむなら乗らない方が環境には優しいとも言えそうですから

環境などに配慮するとするならば みんなで少しづつ我慢する ことも甘受しなければならない時がきているとも思います

何か 社会全体で支えなければならない課題が 自動運転装置付自動車を利用する ことで解決したかのようなすり替えがおこる

ということだってありうる などと思うのは深読みのしすぎでしょうか