6月30日は水無月という和菓子を食べる日ですが、京都だけのようです。

そこで調べてみました。

 

【京都では1年のちょうど折り返しにあたる6月30日にこの半年の罪やけがれを払い、残り半年の無病息災を祈願する神事
「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。その時に食べるのが「水無月(みなづき)」という和菓子です。】

(引用元:クックパッドhttps://news.cookpad.com/articles/7373

 

このように書かれていました。

実際、他府県の出身の友達が何人も水無月は知らないと言っていました。
まだ食べられたことがない方はぜひ召し上がってみてください。